社員インタビュー

話しやすく何でも相談できる先輩から、
会社を盛り上げていこうという
意欲あふれる若手社員まで、
さまざまな人が集まっています。

  • HOME
  • レビュー
  • カジマヤは、お客様に親身でかつ個々のスキルが高い人が多いので、働いていて成長を感じられます。

猿賀結稀 [業務営業部 お客様サポート担当]

カジマヤは、お客様に親身でかつ個々のスキルが高い人が多いので、働いていて成長を感じられます。

猿賀結稀
[業務営業部 お客様サポート担当]
2014年入社


 >2年半の技術部勤務を経て、今はライフサポート部に所属しています。入社してすぐ技術部に配属されましたが、そこでは主に戸建のボンベの設置やガスの給湯器の取り付けなどを担当していました。戸建の工事では、建物がまだ建っていない初期段階から関わるので、配線や壁の裏の様子といった家の中の構造がとても良く分かります。技術部の仕事を通して家のことについてよく知ることができたので、以前自宅のトイレの調子が悪く、水漏れの恐れがあった時に自分で判断することができました。他にも生活に必要な知識が増えてきていると実感する機会が多く、それによってどれだけ仕事が身についてきているのかを感じられます。

今はライフサポート部で、アパートご契約様の入退去時のガスに関する手続きと検針を行っています。技術部時代と最も違うところは、お客様と直接接する機会が増えたということ。「給湯器が使えなくなった」「コンロの火が出なくなった」というように、お客様からご連絡をいただいて自宅に伺うこともあり、そこですぐに直せると当然お客さまは喜んでくださいます。さらに「こんなにすぐに直してくれてありがとう。お礼に缶コーヒーを持って行ってよ」と、人と人との付き合いの中で感謝の言葉を掛けていただけことは嬉しいですね。そういう時に特にやりがいを感じます。カジマヤが誇るべきところは、幅広いサービスを提供している「何でも屋」だというところ。入社前に職業見学に来た際、お客様サポート担当の社員に1日同行しましたが、あるお客さまのところで急に「水道が凍って水が漏れているから見て欲しい」と言われました。専門はガスですから、他社の方であれば水回りのことは分からないと答えるのが普通ですが、その社員は瞬時に直し、そんなことがサラリとできるなんてカッコイイなと思いました。カジマヤの社員は、お客様に親身でかつ個々のスキルが高い人が本当に多いと思います。入社時に、専務から「うちの会社は総合職だから、1つの部署だけに長くいることはない」と言われましたが、その分いろいろな経験ができてありがたいですね。「お客さまの要望に1人で応えられるような人材に育てるために、いろいろな経験をさせていく」という会社の方針には共感しています。今後は後輩の手本になれるような人になりたいです。入社して2年間ずっと同行した先輩がいましたが、その人はとにかく仕事に真面目で寸法などもきちっと測る方でした。そういう姿を間近で見て憧れてきたので、そろそろ自分もお手本になるような先輩になれたらなと。カジマヤは今若い人が増えてきて活気があって、他部署とも距離が近いのでとても働きやすい環境です。業務内容は勉強になることだらけですし、やりがいを感じながら働けるのではないでしょうか。