社員インタビュー

話しやすく何でも相談できる先輩から、
会社を盛り上げていこうという
意欲あふれる若手社員まで、
さまざまな人が集まっています。

  • HOME
  • レビュー
  • 新規事業を任せてもらえたことは、この上ないやりがいにつながりました。

西舘一騎 ライフサポート部

新規事業を任せてもらえたことは、この上ないやりがいにつながりました。

西舘一騎
[ライフサポート部]
入社年/2016年(3年目)


 >カジマヤではちょうど1年前にダスキンのレンタル業務を始めましたが、新規事業の立ち上げから今に至るまで、ほぼ自分1人で業務を担当しています。立ち上げ当初は大変ではありましたが、新規事業を任せてもらえたということはやりがいにつながりました。今は主に既存のお客さまのマットやモップの交換、新規顧客獲得のための営業などを行っています。

立ち上げから1年、最も印象に残っていることは、あるゴルフ場様の大口契約が取れたこと。そのお客さまはもともと競合他社と契約していましたが、ある時ガス部門の営業が「契約を見直そうか考えているんだよね」というお客さまのひと言を聞き、こちらに話を持ってきました。そこから半年かけて交渉したところ、無事に契約まで漕ぎ着けることができたのです。先方は、こちらが金額面に対して親身になって相談に乗ったこと、そして不要と思われる契約内容を1つ1つ確認していったところ、さらにトイレのパイプの水漏れといったイレギュラーなご依頼にも対応した点が気に入ってくださったようです。「ダスキンの域を超えている。ここまでできるダスキンならこっちにしたい」というお言葉までいただけました。
先日も営業中だった喫茶店に競合他社が来たそうですが、金額面以外の点で弊社を気に入って契約してくださいました。ご契約前でしたが、店内のタイル床が滑りやすいという話を伺ったので、お試しでマットを敷いて差し上げたことが功を奏した良ようです。「カジマヤさんにはガスの方でもよくしてもらっているし、ダスキンに関しても親身になってすぐに対応してもらえたところが気に入った」と言っていただけました。ダスキンとガスの営業は、常に連携を取りながらお客さまと接することができているので、この環境は非常に恵まれていると思います。

同じエリア内にたくさん競合店がいる中で、これまで「カジマヤさんがいい」と言ってくださるお客さまに多くお会いしてきました。「とにかくカジマヤは人がいい」と言ってくださるお客さまが多く、その言葉を聞くとここで働いていて良かったなと感じます。お客さまは、どの担当者も真摯に対応し、スピーディに対応している点を評価してくださっているようです。

カジマヤの社員は、20代の若手社員と40代以上のベテラン社員という2つの層で成り立っています。ベテラン社員たちは経験もあるので、若手が困っても何とかするという心意気の人間が多く、責任は取るからやってみようよというスタンスで何でもやらせてくれます。逆に若手は、心強いバックがいるという安心感から、伸び伸びと仕事に臨むことができています。社内は和気あいあいとした明るい雰囲気ですが、社員同士のこの関係性がそういった社風を生む要因なのではないでしょうか。これから入ってくる新入社員の皆さんも、すぐに馴染める環境がカジマヤにはあります。